納豆といえば、日本人のソウルフードと言っても過言ではありません。「畑の肉」とも呼ばれる大豆を丸ごと発酵させて作られた納豆は、古くから健康食として親しまれてきました。

 

独特のねばねば感を持つため、好き嫌いが大きく分かれがちですが、ハマる人はとことんハマってしまう面白い食品です。

多くの家庭の冷蔵庫に一つは置いてありそうな納豆ですが、実はダイエットという観点から見ても非常に優れた食品と言われているのをご存知ですか?

 

この記事では、そんな納豆を活用したダイエット方法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

納豆のダイエット効果

「畑の肉」と呼ばれる大豆からできた納豆には、数えきれないほどの栄養価が豊富に含まれていますが、その中でもダイエットという観点から考えた場合に有効なのが次の成分です。

納豆に含まれるダイエット成分
ナットウキナーゼ、サポニン、アディポネクチン、イソフラボン、タンパク質、ビタミンB、カリウム、食物繊維、

あまり馴染みの無い単語もありますが、詳しく一つずつ見ていきましょう。

ナットウキナーゼ

納豆特有のねばねば感、その正体こそ「ナットウキナーゼ」と呼ばれる成分です。大豆を発酵させる過程で作り出される酵素の一種で、血液の流れを悪くする「血栓」を分解し、血行を促進する働きを持ちます。

血流が改善されると、老廃物を排出する機能が向上し、代謝も上がります。結果として脂肪が燃えやすく、太りにくい体質へと変わると言うわけです。

サポニン

「サポニン」はマメ科の植物に多く含まれている成分です。強い抗酸化作用を持ち、血液中の中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあります。これにより、脂肪の蓄積が抑制されるだけでなく、体の老化を防いで美肌効果なども期待できます。

アディポネクチン

あまり聞き慣れない言葉ですが、「アディポネクチン」は脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種です。通称、「痩せホルモン」とも呼ばれていて、脂肪を燃焼させたり、血管を拡張して血流を促す作用を持ちます。

イソフラボン

言わずと知れた「イソフラボン」。女性ホルモンに似た作用を持つ事で知られていますが、他にもコレステロール値を下げるなどのダイエット効果が期待できます。

タンパク質

「タンパク質」は健康な体を作る上で欠かせない栄養素の一つ。特に筋肉量を増やすという点がダイエットにおいては最も重要で、筋肉が増えれば基礎代謝が上がり、エネルギー消費の効率がアップします。その結果、脂肪が燃えやすい体質へと変わります。

ビタミンB

数あるビタミンの中でも、特にダイエットに必要と言われている「ビタミンB」。脂質や糖質の代謝を高め、余分な脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

カリウム

「カリウム」には不要な水分や塩分を体外へ排出する機能を持ちます。簡単に言ってしまえば利尿作用ですね。これにより、むくみ解消効果が期待でき、スッキリした体作りに役立ちます。

食物繊維

「食物繊維」は水分を含むと大きく膨らむ特性を持ちます。これにより、少量食べただけでも満腹感を得る事ができ、食べ過ぎ防止につながります。また、体内で膨らんだ食物繊維は腸を刺激し、便意を促すなど整腸作用も期待できます。

 

まとめると…

納豆に期待できるダイエット効果
血行促進、脂肪燃焼、コレステロール抑制、基礎代謝アップ、利尿作用、便秘解消

納豆ダイエットのやり方

それでは、具体的にどのように納豆をダイエットに活用していけば良いのかについて説明していきます。

 

特に身構える必要はありません。というのも、納豆ダイエットの方法は「1日1パックの納豆を食べれば良いだけ」だからです。

 

簡単すぎて不安になるかもしれませんね。でも、それで良いんです。変に食事を制限したりする必要もなく、いつも通り食べてOK。

 

もちろん、納豆さえあれば何もかも帳消しにしてくれるというわけではないので、あまりにもカロリーが高いものを食べてしまったら意味がありませんが、きちんとバランスの取れた食事であるならそれだけでダイエットになります。

 

あまりにもシンプルすぎて困るという方には、いくつかコツをお伝えします。

納豆ダイエットのコツ
・夕食前に食べる
・ある程度時間が経ったものを食べる
・加熱はせずに生で食べる

夕食前に食べる

ダイエット目的で食べる場合、なるべく夕食の直前に食べる事をおすすめします。

 

夕食というのは忙しい朝や昼に比べて時間に余裕があるため、ついつい食べ過ぎてしまいがちな時間帯です。なので、このタイミングに納豆を1パック分お腹に入れておく事で、空腹感を満たされ、余計な食べ過ぎを防いでくれます。

ある程度時間が経ったものを食べる

基本的にどんな食品も早めに食べた方が良いと言われますが、納豆に関しては違います。

 

実は、納豆は製造されてから店頭に並び、そして食べられるまでの間ずっと発酵が続いています。そのため、購入してからすぐ食べるよりも、少し時間を置いた方が栄養価が高くなります。

 

究極的な話、賞味期限ギリギリが最も効率良く有効成分を摂取できるタイミングと言えます。スケジュールの管理が少し難しくなりますが、余裕のある方は試してみて欲しい方法です。

加熱はせずに生で食べる

納豆を使ったレシピには様々なものがありますが、そのダイエット効果を十分に得たいのであれば加熱せずに生で食べる方法にしましょう。

 

最もダイエットに有効な成分である「ナットウキナーゼ」は、熱に弱いという弱点を持っているため、過熱してしまうとその効果が失われてしまいます。

納豆ダイエットの注意点

納豆ダイエットを行う上で、注意点が一つだけあります。それは「食べ過ぎ」です。

 

非常に高いダイエット効果を持つため、ついついたくさん食べ過ぎたくなってしまう気持ちもわかるのですが、納豆そのもののカロリーは結構高めなんです。だいたい1パックあたり100kcalあると言われています。

 

何事も程度が大事ですから、常識の範囲内で食べる事をおすすめします。

納豆ダイエットの口コミ

実際に納豆ダイエットに挑戦した人たちの口コミも見ておきましょう。

1ヶ月でマイナス5キロ
外食中心、酒びたりの毎日で血圧が上がり、メタボリックシンドロームと診断されました。それから毎日キムチ納豆と玉ねぎスープを食べました。

朝、昼はキムチ納豆にご飯一膳、夜はキムチ納豆と玉ねぎスープ。お酒まではやめられないので量はほどほどに・・

ほぼ毎日1時間のウォーキングをして1ヶ月で5キロ落ちました。健康診断の二次検査ではなんと全部正常値になってました!!一人暮らしで食事を作るのが面倒でもキムチと納豆を混ぜるだけだからカンタン!

一日置かなくても納豆を良く混ぜて食べましたよ。

体重が自然に下がってきました
腸内環境を整えるために始めたら体重が自然に下がってきました。多分、便が良くなったからだと思います。
最低一ヶ月の継続は必要です。納豆を食べる前に、半日冷蔵庫から出しておくと効果てきめん。
すごい効果
晩ごはんで食べてます。キムチ納豆+野菜やきのこの炒め物または蒸し物トータル300キロカロリーくらいでやってます。まだ3日ですが、既に2キロ減ってます…。

元々晩ごはんは食べない生活をしていましたが、大好きなキムチと納豆を合わせると良いらしい…
なんて風の噂程度に思っていたのに、この効果。

軽い腹筋はしていますが、それ以外なにもせず、仕事はデスクワーク。昼は好きなものを食べてます。おかずとしてたべてる方多いみたいですが、自分はほぼ置き換えです。夜だけだし、割りと腹持ちします。

まとめ

以上、納豆が持つダイエット効果の数々についてお伝えさせていただきました。

 

比較的入手しやすい食材の中でも、飛びぬけて栄養価が高く、その効果に期待が持てそうな食材です。

 

独特な臭いと食感があるため、残念ながら挑戦できないという方もいるかもしれませんが、嫌いでないのであればぜひとも積極的に食事に取り入れていきたいですね。

 

この記事があなたにとって少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事