編集長
この記事では、1kg痩せるのが一体どれだけ大変かについてお伝えしていきたいと思います。これを読めば、巷のダイエット商品にありがちな「簡単に痩せる!」といった謳い文句がいかにいい加減かわかるはず。

 

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

まず、揺るぎない事実として君臨するのが「消費カロリー>摂取カロリー=痩せる(消費カロリー<摂取カロリー=太る)」という公式。もはやダイエットにおける原則のようなものなので、これを無視して痩せる云々と語る事はできません。

 

もし仮に100kcalが含まれる食べ物を食べても、その後100kcalを消費する運動を行えば体の中には残りません。一方、摂取したカロリーを消費し切れずに残ってしまった場合、そのエネルギーは脂肪に変えられて体内に蓄積されます。

 

したがって、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを抑えるか、もしくはその両方を行うというのがダイエットへ結び付く事になります。

体脂肪1kg落とすためには7,200kcalが必要

体脂肪1kg

 

栄養学において、体脂肪1gは9kcalに置き換える事が可能です。しかし、体脂肪の約20%は水分によるものなので、実際はもっと少なめの1gあたり7.2kcalとして扱います。

 

つまり、体脂肪1kgを減らすためには約7,200kcalを消費すれば良いというわけですね。仮に1ヶ月で1kg痩せようと思った場合、1日あたり約240kcalを減らしていけば良い計算になります。

7,200[kcal]÷30[日]=240[kcal]

 

もちろん、現実には元々の体質や生活環境による変動もあるわけですが、理屈の上ではそういう事になるでしょう。

摂取カロリーを抑えるためには?

 

摂取カロリーを抑えるためには、食事量を減らすしかありません。一般的に言われている成人の男女が1日に摂るべきカロリーは次の通り。

男性:約2,300~2,500kcal
女性:約1,800~2,000kcal

 

したがって、これらの数字から大きく乖離しない範囲で1日の摂取カロリーを抑えるというのがダイエットにおける鍵となります。

(参照:食品のカロリー含有量

 

早く痩せたいからといって極端に食事量を減らしてしまうと、逆に体が緊急事態と判断し、具合が悪くなってしまうので注意しましょう。何事も匙加減が大切です。

編集長
ちなみに、普段から良く口にする食べ物で約240kcalに該当するのは「ごはん1杯」「食パン1.5枚」「パスタ1食」などが挙げられます。ついつい食べ過ぎてしまうという方は少しずつ減らしていくと良いでしょう。

消費カロリーを増やすためには?

人間というのは、何もせずじっとしていても常に一定のカロリーを消費し続けています。心臓をはじめとする内臓器官を動かしたり、体温を維持するためなどに筋肉が活動しているためですね。

 

これを「基礎代謝」と呼びますが、相当するエネルギー量の平均は男性の場合に1日あたり約1,500kcal、女性の場合に1日約1,200kcalとされています。この基礎代謝に日頃の動き(仕事や移動など)から消費されるカロリーを加えたものが1日の総消費カロリーとなるわけです。

 

その総消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまった場合、脂肪となって体重が増加します。

 

ちなみに、基礎代謝の数字は筋肉量によっても増減するという点に注意してください。日頃から運動不足だったりする人は基礎代謝の量も少ないと考えた方が良いです。つまり、日々の摂取カロリーがそれほど多くなかったとしても、消費カロリーも減ってしまうため、結果として肥満につながってしまうというわけですね。

(参照:基礎代謝量の計算

 

良く、「痩せるためには運動が大切」と言いますが、単純に消費カロリー量を増やすだけでなく、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるという目的もあるのです。

(参照:脂肪を減らす運動の計算

編集長
元々の体型によって消費カロリーは大きく異なるので断言はできませんが、約240kcalを運動によって消費しようと思った場合、ウォーキング約1時間程度、ジョギング約30分程度が必要になります。

まとめ

 

以上、体重1kgを落とすためにはどれくらいの努力が必要なのかについてお伝えさせていただきました。「1日あたり約240kcal消費」というと大したことの無い数字に思えますが、実際に挑戦しようと思った場合は意外と大変だという事がおわかりいただけましたか?

 

食事制限にしろ、運動にしろ、毎日続ける事を考えたら一体どれほどの人が続けられるでしょう?人間の継続力というのは案外脆いものです。だからこそ、多くの方が悩まれているわけでもありますが…。

 

これが2kg、3kgと目標が高くなっていった場合はさらに大変です。そう考えると、良くある「サプリメントだけで-○○kg」といった謳い文句がいかに信ぴょう性に欠けるかがわかるでしょう。

 

決してその効果自体を疑うわけではありませんが、単純にただ飲むだけで痩せられるほど現実は甘くないという事ですね。あくまでサプリメント(栄養補助食品)であり、各々で他にも努力しなければダイエットに成功するのは難しいと思います。

 

サプリメントなどを購入する際は、それをしっかりと踏まえた上で判断しましょう。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

おすすめの記事